サーフィン

サーファー必見!!居眠り運転防止装置

Pocket

クリエイター:akizouさん 

こんにちは!居眠り運転しそうになっても誰も起こして貰えない週末ロンリーサーファーのlogiです。

多くのサーファーは夜中や早朝に出発して、一日サーフィンして、また長距離を運転して帰ることが多いと思います。

また数人のグループで行っていたとしても、皆疲れて寝てしまって運転手だけが起きていると言うことも多いはずです。

そんなサーファーにとっての大敵は眠気ですよね?

うっかり居眠りしそうになってはっ!っとした経験はありませんか?

居眠り運転の防止対策としては、まずこまめに休息を取ること! これに尽きます。

ほんの10分~15分ほどサービスエリアや道の駅などの駐車場で仮眠をとるだけで随分眠気が取れます。

後は刺激のきついガムなどを噛んで口を動かすことも有効です。

そして最近特に多発している高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違い

こういうことも高齢者だけに限ってことではないのです。

インターネットリサーチを手掛けるNEXERは、「ブレーキとアクセルの踏み間違い」に関するアンケートを実施。高齢者よりも若年層の方が経験者が多数いることが明らかになった。

調査結果によると、ブレーキとアクセルを踏み間違えた経験について、「何度もある」と回答した人は5.2%、「一度だけある」との回答が12.3%。合計17.5%の人が踏み間違いを経験しているという結果となった。
年代別で見てみると、踏み間違えた経験が「何度もある」「一度だけある」と回答した割合は20代が30.9%、30代が22.6%、40代が22.3%、50代が13.6%、60代が10.3%、70代が9.1%。予想に反して、高齢者世代に比べ若い世代のほうが割合が高いという結果となった。

引用:https://response.jp/article/2019/06/09/323257.html

なので疲れ果てた体で、眠気と戦いながら運転を強いられるサーファーは特に気を付けて可能な限りの対策を行う必要があります。


【自動ブレーキ搭載の車に乗り換える】

もし予算に余裕がある、また丁度のりかえの時期だ、と言う方はこの際、自動ブレーキが搭載された車に乗り換えることも視野にいれてみてはどうでしょうか?

自動ブレーキ

自動ブレーキとは、衝突被害軽減ブレーキのことです。

衝突事故を未然に防ぐ、運転サポートをしてくれる装備です。

自動ブレーキには、次のようなタイプがあります。

・ステレオカメラ

人間の目と同じように、2台のカメラを使用して物体の大きさや種類、距離などを測定します。

悪天候では機能しない可能性があります。

・ミリ波レーダー

ミリ波レーダーによる検知は、電波を発射して、その反射波をキャッチすることで、物体の位置と相対速度を算出します。

2mから200mくらいまでの距離に有効です。

・赤外線レーザー

赤外線レーザーは拡散する光を直線的に集束させ暗闇でも真っすぐに進み、対象物にぶつかり跳ね返って距離を検知します。

赤外線レーザーも悪天候に影響を受ける可能性があります。

【自動ブレーキ搭載車の注意点】

自動ブレーキ搭載車は、運転者ではなく車が自動ブレーキをかけるので後続車にとっては、なんの前触れもなく急にブレーキをかけられるため、その後続車に自動ブレーキが搭載されていなかったら追突されてしまう可能性があります。

また自分の車には自動ブレーキが搭載だからと高を括っていると思わぬ事故に合うかもしれません。やはり自分自身が運転しているという意識をもって運転することが大事です。

自動ブレーキは、あくまでも衝突被害軽減ブレーキです。確実に止めてくれるわけではありません。

クリエイター:Green Planetさん

【後付け安全装備】

今乗っている車にも後付けで搭載できる安全装備があります。

Mobileye(モービルアイ)570

Mobileye(モービルアイ)570は、後付け出来る衝突防止補助システムですが自動ブレーキ機能ではありません。

フロントガラスに取り付けたカメラが、前方のクルマや歩行者、バイク、車線を感知して、危なくなると警告(画面表示と警報音)を出しドライバーに安全運転を促す衝突防止システムです。

引用:https://www.yupiteru.co.jp/products/biz_dr/mobileye570/

価格は176,000円(税別160,000円)(工賃別)とかなり高価です。

 

ナルセ機材『ワンペダル』

ワンペダルとは、事故を防ぐためにアクセルとブレーキを一体化させた世界で唯一 (※国内及び国際特許取得済) の『安全設計ペダル』です。

引用:ナルセ機材有限会社

アクセルとブレーキが一体化になっていて、踏み込めばブレーキ、アクセルは横向きに付いています。またアクセルを開けているときでも踏み込めばブレーキがかかるという仕組みになっています。

価格は、右足操作用シングルタイプで

ナルセ機材有限会社持ち込めない場合

200,000円(税込み220,000円)取り付け代別途必要

ナルセ機材有限会社持ち込みの場合

170,000円(税込み187,000円)取り付け代別途必要

令和1年10月現在の価格です。

ペダルの見張り番II オートバックス

ペダルの見張り番IIは、急発進を防止する装置です。自動ブレーキではありませんが、もしアクセルとブレーキを間違えてもブザーで知らせてくれて、装置が作動すると急発進しないで落ち着いてブレーキを踏めるように手助けをしてくれる装置です。

価格も本体+工賃+ハーネス込みで4万円(税別)とかなりお手頃です。

居眠り運転 居眠りウォッチャー ひとみちゃん

 

【まとめ】

色々と自動ブレーキ装置や衝突防止補助システムなど今後も益々ハイテクな技術が登場するでしょうが、やはり1番大切なことは居眠りやうっかり操作ミスなどを起こさないこと。

最初にも書きましたが、眠いと感じたらすぐに仮眠をとることが大事だと思います。

また加齢や、考え事、疲労などが原因での操作ミスに関しては何かしらの対策は打っておく必要がありそうですね。

くれぐれも安全運転で!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

居眠り防止ウェアラブルデバイス Drowse Busterドラウズバスター【日本正規品】
価格:4980円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

楽天で購入

 

 

Follow me!

投稿者

logilogino1@yahoo.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP