トレーニング

ダイエットとボディーメイクの違い 同じやるならボデーメイクでしょ。

Pocket

クリエイター:FineGraphicsさん

こんにちは!logiです。

最近はダイエットと並んでボディーメイクという言葉をよく耳にするようになりました。

一見同じようなことを意味するのではないかと思いがちですが、それはちょっと違います。

今、もしあなたが体重を減らしたい、痩せたい、引き締まった身体にしたい。と感じているならば、その違いをよく理解したうえで実践した方が成果が出やすいと思います。

【ダイエットとボディーメイク】

♦ ダイエット

ダイエットは痩せることを目的としています。食事制限がメインになります。自分にあったダイエット方法ををみつけ、長期間継続して進めていくことが必要です。もし短期間でのダイエットに成功したとしても、その後のリバウンドなどに注意が必要になります。

♦ ボディーメイク

ボディーメイクは、美しいボディーラインを作ることが目的です。トレーニングと食事内容の改善の両方を並行してボディーラインを作っていきます。

運動はせずに食事制限だけでダイエットしようとする人もいますが、やはり運動して脂肪が付きにくい体質に改善する方がリバウンドの心配も少なく理想的ではないでしょうか。

この記事では、ボディーメイクを中心に解説していくことにします。

【目的を明確にする】

まず、自分がダイエットではなく、ボディーメイクを目的としてトレーニングを開始するという意識を持ちましょう。

ボディーメイクでは身体を鍛えて筋肉が付くので、一時的に体重が増えることもありますが、そんなことは気にしない。そう!あなたは美しい美ボディーを手に入れるのです。

【有酸素と無酸素】

♦ 有酸素運動

有酸素運動:ウォーキングやジョギング、ロードバイク、あと私も行っているスイムトレーニングなど体内に酸素を取り入れ行う運動のことです。

♦ 無酸素運動

無酸素運動:いわゆる筋力トレーニングのことです。酸素を必要とせずに短時間で強い負荷をかけて筋肉を鍛えていき基礎代謝をあげる運動のことです。

クリエイター:acworksさん

食事制限だけでは美ボディーを手に入れることは出来ません。トレーニングを取り入れることで気になる部分を引き締め、体を鍛えることで基礎代謝があがります。

つまりボディーメイクは有酸素運動+無酸素運動+食事の管理をすることでリバウンドも、しにくい美しい身体を手に入れることが出来るのです。


【トレーニングにかける時間やその内容】

♦ 自分の身体を把握

体重や体脂肪率などを測定。心拍数も把握しておきましょう。

👇

♦ 準備体操

ストレッチなどで身体をほぐしましょう。

👇

♦ 無酸素運動

胸筋・背筋、太股など大きな筋肉を鍛えたほうが、全身の筋肉量が増えて基礎代謝があがるのでそこを意識して鍛えるようにしましょう。トレーニング開始から約30分くらいから脂肪燃焼が始まると言われています、出来れば1時間くらいは頑張りましょう。

👇

 有酸素運動

無酸素運動の筋トレを約1時間頑張ったあなたの身体は今、よく温まっている状態でしょう。ここから有酸素運動を行うことで脂肪燃焼効果がより期待できます。有酸素運動には次のトレーニング方法があります。ご自身に合った方法を取り入れましょう。

・ジョギング

ランニングマシンで(公園とかでもOKです)やはり最低30分以上走りましょう。速さはご自身の能力に合った速度でかまいません。重要なのは時間です。出来れば1時間くらい走りましょう。

・ウォーキング

いきなり走るのは無理!!っていう方はウォーキングでもOKです。ただしジョギングに比べると運動量が少なくなるので1時間30分~2時間くらい歩いたほうが効果が期待できます。

・スイムトレーニング

やはりスイムトレーニングが脂肪燃焼効果としては一番期待できます。1時間くらい泳げるのであれば申し分ないのですが、身体が冷えると、皮下脂肪がつきやすくなります。もし休憩を多く取るのであれば、なるべく止まらずに水中歩行でインターバルを取りましょう。また、あまり泳げない方にとっても水中歩行は効果的です。水圧によってより負荷がかかるので、脂肪燃焼効果が期待できます。

自宅の近くのジムを検索【ダイエットコンシェルジュ】
【まとめ】

繰り返しになりますが、有酸素運動+無酸素運動+食事の管理です。

なかなか簡単に美ボディーを手に入れることは出来ないかもしれませんが、継続していくことで外面も中身も健康的な身体になります。

鍛えられた身体は魅力的です。これは男女問わずそうです。そして密着したウエアー姿や水着姿を他人に見せることで身体は引き締まっていきます。ぽっこりお腹もへっこむかも!

そして出来ることなら近くのジムに通って周りの刺激を受けながらボディーメイクに励むことをお勧めします。


この記事があなたの美ボディー獲得のきっかけになれば幸いです。

関連:現役スイマーの私がサーフィンのオフトレに水泳を推奨する理由とは


Follow me!

投稿者

logilogino1@yahoo.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP